後遺症の認定の流れ

後遺症の認定の流れについてご紹介しましょう。
症状固定になって、検査の必要なものを行った上で、後遺障害診断書を主治医に作ってもらいます。
自賠責保険の請求書類を、損害保険会社等へ請求する人が提出します。
請求書類に不備が無いかということを損害保険会社は確認し、請求書類を損害保険料率算出機構というところに送ります。
請求書類に基づいて、損害保険料率算出機構では、その交通事故に関しての最初の請求の場合には、交通事故が自賠責保険の支払いの対象になっているものかどうかや交通事故の発生状況を判断して、どのような後遺症が残っているか、あるいは、後遺症と交通事故との因果関係などを調査します。
調査した結果を、損害保険料率算出機構は損害保険会社等に報告します。
支払額を損害保険会社等が決めて、請求した人に支払います。
実際は、損害保険料率算出機構で決められた内容に基づいて、支払基準に従って支払うのみです。

損害保険料率算出機構が、後遺症の等級認定は行っています。
損害保険協会からこの損害保険料率算出機構の運用資金のほとんどのものは受けており、損害保険会社を退職した人も多くいます。
そして、損害保険料率算出機構の中においても、審査先は事案によって違ってきます。
それぞれの損害保険料率算出機構にも顧問医のような医師がいます。
後遺症の認定の場合には、専門医の意見はやはり大切なポイントになっています。
本サイトでは、認定の全体的な流れ、後遺症の認定の手続き、についてご紹介します。



≪Recommend Site≫
後遺障害の認定に関する手続きを弁護士に依頼できるサイトです…後遺障害 弁護士